古事記 仲哀天皇紀   加治木義博氏はここで起こった出来事は九州内であるとしています

帯中日子天皇(タラシナカツヒコ=仲哀天皇)は穴門の豊浦宮(トユラ)と筑紫の訶志比宮(カシイ)で天下を治めました。

仲哀天皇大江王(オオエ)の娘である大中津比売命(オオナカツヒメ)を娶って、香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)の2柱が生まれました

息長帯比売命(オキナガタラシヒメノミコト)は仲哀天皇の皇后です。オキナガタラシヒメを娶って産まれた子が、品夜和気命(ホムヤワケ)、大鞆和気命(オホトモワケ)別名が品陀和気命(ホムダワケノミコト)です。

f:id:enkusurimizu:20180404180202j:plain



この皇太子(ホンダワケ)に「オオトモワケ」という名前がついたのは、生まれたときに、肩につける武具のように腕が成っていたからです。

ホンダワケは皇后(オキナガタラシヒメ)のお腹の中に居たときから国を治めていました。
この時代に淡路島の屯倉を定めました。

オキナガタラシヒメは、仲哀天皇が筑紫の香椎宮でクマソ討伐をしようとしていたとき、神がかりました。

仲哀天皇は琴を弾き、
建内宿禰は神を降ろす場で、神の言葉を受けました。

オキナガタラシヒメ皇后は神がかって言いました。

「西に国がある。 金銀をはじめ、目の輝く様々な珍しい宝が、その国には沢山ある。
私が、その国を与えよう」

仲哀天皇は神託を受けて、
「高いところに上って西を見ても国は見えない。 ただ、海があるだけ」
と言い、この神託は嘘だと考えて、琴を弾くのをやめて、黙ってしまいました。
するとこの神はひどく怒り
「そもそも、この天下は、おまえの収める国ではない。おまえは死んでしまえ!!」
と言いました。

建内宿禰タケノウチノスクネ)大臣が言いました。

「恐れ多いことです。 琴を弾いてください」
そこで仲哀天皇はしぶしぶ琴を引き寄せて、弾き始めましたが、しばらくすると琴の音が聞こえなくなりました。
灯りを灯してみると、仲哀天皇は亡くなっていました。

建内宿禰は驚きました。

そして仲哀天皇の遺体を、モガリの宮殿に移しました。

そこで国中から「ぬさ」を集めました。
「ぬさ」とは神に捧げる物品のことです。

その宮殿で、
生け剥ぎ…生きた獣の皮を剥ぐこと
逆か剥ぎ…尻尾から獣の皮を剥ぐこと
畦離(アハナチ)…田んぼの畦を壊すこと
屎戸(クソヘ)…聖なる神殿にウンコを撒き散らすこと
上通下通婚(オヤコタワケ)…親子間の近親相姦
馬婚(ウマタワケ)…馬との獣姦
牛婚(ウシタワケ)…牛との獣姦
鶏婚(トリタワケ)…鶏との獣姦
犬婚(イヌタワケ)…犬との獣姦

の罪を集めて、ケガレを払う儀式を行いました。
そしてまた、建内宿禰が沙庭で神の言葉を受けました。

(解説)

生け剥ぎ、畦離(アハナチ)、屎戸(クソヘ)…このあたりはスサノオ誓約に勝った後に調子に乗ってやっちまった「乱暴狼藉」そのもの。これはスサノオが「罪」を追っているということ。そして、罪を犯したスサノオが、当時、日の沈む死の国とされた「出雲」へと降りることと何か関係があるのかもしれません。

神託を求めた建内宿禰への言葉は、先日(仲哀天皇が亡くなったときの神託)のそれと同じものでした。

「この国のすべては、 腹の中の子供の治めるものだ」

建内宿禰は言いました。

「恐れ多い! わが神よ!!! その神の腹に宿る子は 男ですか? 女ですか?」

神を宿すオキナガタラシヒメ皇后は答えました。

「男だ」

そして建内宿禰は更に詳しくたずねました。

「今、言葉を教えてくださっている神の名を教えていただきたいのです」

と頼むと すぐに答えました。

「これはアマテラス大神の意思だ。
また底筒男(ソコツツノヲ)・中筒男(ナカツツノヲ)・上筒男(ウハツツノヲ)の神だ」

このときやっと三柱の神(住吉三神のこと)の名前を知ったのです。

「今から、ほんとうに、その国(朝鮮半島)を求めるのならば、天神地祇・山の神・河の神・海の神・その他の沢山の神々に『ぬさ(=神に捧げる物品)』を奉納し、私の魂を船に乗せて、真木(植物の名前)を焼いた灰をヒョウタンに入れて、箸と平たい皿を作って、すべて海に撒いて、海を渡るのだ」

と言いました。

そこで皇后は神が教えた通りにして、軍勢を集めて、船を並べて海を渡りました。

海の魚達は大きいものも小さいものも皆、皇后の船を背負いました。

また強い追い風が吹いて、船はどんどんと進みました。

船が立てる波が、新羅の国に津波となってあがり、国の半分に達しました。

そこで新羅の国王は恐ろしくなり

「これより 天皇の命令に従い、 馬飼いとして、毎年船を並べて、船が乾く暇も無く、舵が乾くことも無く、天地の続く限り、おつかえ致します」
と言いました。

これによって新羅は馬飼いの国と定めました。 百済は海の出張所としました。

そこで皇后は杖を新羅の国王の家の門に突きたてて、住吉三神の荒御魂(アラミタマ)を祀って、国を守る神として鎮座しました。

そして海を渡って帰りました。

皇后の朝鮮征伐が終わっていないというのに、腹の子(ホンダワケ=応神天皇)が生まれそうになりました。

そこで皇后は、静めるために、石を腰につけて、出産を押さえました。

そして九州の筑紫に渡ってから出産しました。

その子(ホンダワケ=応神天皇)が生まれた土地を「宇美(ウミ)」といいます。
その腰につけた石は筑紫の伊斗村(いとのむら)にあります。

(解説)

宇美八幡宮(うみはちまんぐう)

福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号

主祭神

応神天皇
神功皇后
玉依姫命
住吉大神
伊弉冉尊

 

f:id:enkusurimizu:20180404183341j:plain

筑紫の松浦県(マツラノアガタ)の玉島里(タマシノサト)に到着して、川のほとりで食事をしたのが4月の上旬でした。

皇后は川の岩に立って、腰布の糸を抜き、ご飯粒を餌にして、鮎を釣りました。

それでその川を「小河」といいます。
またその岩の名前を勝門比売(カチトヒメ)といいます。

それで4月上旬のころ、女性が腰布の糸を抜いて、ご飯粒を餌にして鮎を釣ることが、絶えず行われています。

オキナガタラシヒメは大和へと帰ろうとしました。
しかし、誰かが謀反の企てをしているかもしれない、と考えました。

そこで、棺を乗せた船を用意して、ホンダワケ(応神天皇)をその船に乗せて、

「皇子は亡くなりました」 と言い伝えました。

そうして大和へと進むと、香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)がホンダワケ皇子の死と皇后の帰国をを知り、待ち伏せして皇后を殺そうと考えました。

それで斗賀野(トガノ)で、戦争の吉兆を狩によって占う「誓約狩(ウケイガリ)」をしました。

香坂王(カゴサカノミコ)がクヌギの木に登っていると、そこに大きな怒った猪が出てきて、そのクヌギを掘って倒し、香坂王(カゴサカノミコ)を食い殺してしまいました。

カゴサカ王の弟である忍熊王(オシクマ)は、その凶兆を恐れず、軍隊を指揮して、神功皇后の船を待ち伏せしました。

そして、喪船(モフネ)を迎えて、空船を攻撃しました。

神功皇后は船から軍隊を降ろして、戦いました。

熊王(オシクマノミコ)は、難波の吉師部(キシベ)の祖先の伊佐比宿禰(イサヒノスクネ)を将軍に任命して戦いました。

ホンダワケ皇子(=応神天皇)は、丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の難波根子建振熊命(ナニハネコタケフルクマノミコト)を将軍に任命して戦いました。

皇太子側が優勢で、戦闘はオシクマ王が後退していき、山城まで至りましたが、その後、オシクマ王は持ち直して、膠着状態となりました。

建振熊命(タケフルクマノミコト)は

「オキナガタラシヒメ(神功皇后)は、すでに亡くなりました。これ以上、戦う理由はありません」

と言いました。
そしてすぐに弓のツルを切り、降伏しました。すると伊佐比宿禰(イサヒノスクネ)はその嘘を信じて、同様に弓のツルを外し、武器を収めてしまいました。

すると、神功皇后の軍勢は、髪を束ねていた紐を弓に張って、戦闘を再開し、忍熊王(オシクマノミコ)の軍勢を追撃したのです。

オシクマ王の軍勢は逢坂に退却し、そこで正面切って戦うことになりました。

しかし、神功皇后の軍勢に追い詰められ、沙々那美(ササナミ)に敗走しました。

熊王(オシクマノミコ)と伊佐比宿禰(イサヒノスクネ)は追い詰められ、舟に乗って海で歌いました。

建内宿禰は皇太子(=ホンダワケ【応神天皇】)を連れて禊(ミソギ)をしようと、近江や若狭を巡り、越前の敦賀(ツルガ)に仮宮を建てて、滞在していました。

その敦賀の土地にいる伊奢沙和気大神(イザサワケ)が建内宿禰の夢に出て言いました。

「わたしの名前をその子の名前に変えたい」

ソレに対して建内宿禰

「恐れ多いことです。 おっしゃるとおりに名を交換しましょう」

するとその神は

「明日の朝、浜に出かけなさい。 名を変えた『しるし』を差し上げましょう」

と言いました。

ホンダワケ皇太子が翌朝、浜辺に行ってみると、鼻の傷ついたイルカが、集まっていました。

それを見て、皇太子は言いました。

「私は神より、食料の魚をたまわった」

それで、その神を御食津大神(ミケツオオカミ【ミケツは神の食べる食物・天皇が食べる食物の意味】)と名づけました。現在は気比大神といいます。

またイルカの鼻の血が臭かったので、その浦を「血浦」といいます。現在は「都奴賀(ツヌガ)」といいます。

ホンダワケ皇子は大和に帰ってきました。

すると母親のオキナガタラシヒメ(神功皇后)は酒を造って待っていました。そして母親は歌いました。

この酒は、わたしの酒ではありません。
酒の神の、常世の国に居る、石に宿る少名御神(スクナミカミ)の祝福の―― 踊り狂い 踊り回りして作った酒です。
さぁ、飲んでください。

そう歌って酒を献上したのです。

そう歌って、ホンダワケ皇子に酒を捧げました。

建内宿禰が代わって歌いました。

この酒を醸した人は
鼓を臼のように立てて、
歌って醸したのか
踊って醸したのか
この酒は、酒は
なんと楽しい酒か! さぁ!

これは酒楽の歌です。